【2021年版】転職に失敗しないwantedlyのプロフィールの書き方

転職

今回は、採用担当者に響くwantedlyのプロフィールの書き方を解説します。

転職に失敗しないwantedlyのプロフィールの書き方

wantedlyのプロフィールを書く上で、大切なことは3つあります。

短時間で内容を理解できるプロフィールに仕上げる

自己アピール欄では【自己紹介】【強み】【趣味】【プライベート】の4つを採用しています。

ダラダラ長文を書くのではなく、項目ごとにタイトルをつけましょう。

しっかりと内容を充実させること

1度見るだけで、あなたの人生が全部わかるようなプロフィールを目指しましょう。

スカスカのプロフィールでは、転職活動に対する丁寧さが伝わりません。

熱意をしっかりと伝えること

未経験からの転職の場合は、しっかりと自分が転職にむけて取り組んでいることを書きましょう。

Webマーケティング職を目指すなら、自分でブログを書く、クラウドワークでライティングの仕事を受ける、基本書を読むなど、何もしていない人と差別化することができます。

wantedlyを使うべき人とは?

完全未経験からWebマーケティング職につきたい
転職エージェントでは書類審査で通過できない
ライバルに勝てない

完全未経験の方はwantedlyに登録することがオススメです。

僕も転職エージェントを利用している頃は書類通過もほとんどできませんでしたが、wantedlyでは企業と面接に進むことができました。

wantedlyとエージェントの違い


スタートアップやベンチャー企業を中心に活用されているビジネスSNSです。

転職や採用インターンに特化したサービスです。

カジュアルな雰囲気で企業の採用担当者とコンタクトを取ることができます。

エージェントでは仲介手数料が高いため、求職者に対して即戦力を求めることが多いです。


一方でWantedlyはポテンシャルを見ているため、完全未経験でも面接までたどり着きやすいです。

プロフィールをしっかりと登録して、活用してみてください!

僕はこちらの記事を参考にさせていただきました↓

採用担当にささるWantedly(ウォンテッドリー)のプロフィールの書き方ってご存じですか?
「Wantedly(ウォンテッドリー)を使って就活したいけど、やっぱり採用担当の目を引くにはプロフィールって大事なのかな。でもどんなプロフィールを書けばいいか分からない…」なんて そんなお悩みを持つ方もいらっ ...

コメント

  1. […] 未経験からWebマーケティング職へ転職するならwantedlyがオススメ完全未経験からWebマーケティング職につきたい転職エージェントでは書類審査で通過できないライバルに勝てない今回は […]

タイトルとURLをコピーしました